• ホーム
  • 株価が割高か割安かは、株価収益率(PER)を確認

株価が割高か割安かは、株価収益率(PER)を確認

株式投資においてどのような銘柄に投資をするかは重要な問題です。
銘柄選びの1つの判断基準として、株価収益率(PER)という指標を参考にする方法があります。
株価収益率はその企業の時価総額を純利益で割った数字で表すことができ、株価の変動があるたびに数字は少しずつ変わっていきます。
純利益は会社が出している業績や証券会社のニュースなどで確認することができます。株価収益率が高ければ高いほど、業績のわりに株価が高いことを指します。
反対に株価収益率が低ければ割安な株価であることがわかります。株価収益率の他にも、1株当たりの純利益(EPS)という指標もあります。
株価収益率は現在の株価をEPSで割った数字でも出すことができます。日本の企業の平均PERは15倍程度と言われていますが、業種によって違いがあります。
どのような企業を購入するか悩んだ場合、ただPERの数値だけを見るのではなく同じ業種の別の企業とも比較してみると良いでしょう。
こうした指標はあくまでも判断基準の1つに過ぎません。ネット上には様々な情報もありますので、ニュースを確認して株価が下がるような出来事が起きていないかチェックすることも大切です。
業績に関する情報は常に最新というわけではありません。
様々な人が将来の業績も予測して売買をしているため、今後業績が悪化することが予想されるような企業では株価も自然と下がり、PERが低くなっていくことがあります。
割安なのか、将来の成長に対する期待が低いのかはPERを見ただけではわからないのです。また、利益の内容についても注意しておく必要があります。
持っている資産を売却したときなどに発生する多額の特別収益は本来の業績とは関係がありませんが、PERには反映されてしまいます。
業績が伸びたように見えて割安感が増しますが、そのような特別収益は毎年あるわけではありません。
反対に何か損失があったときには割高感が高くなってしまいますが、そうした銘柄の中にも将来期待できる企業はあります。

「一株利益(EPS)」も覚えておくべし

企業の損益計算書を見ると、営業利益や経常利益の他に当期純利益があります。
当期純利益は、営業活動による損益や営業外損益、めったに生じない特別損益を通算した後、さらに法人税等を引いて求められます。
EPSはこの当期純利益を発行済株式で割った数値であり、言い換えれば一株ごとの純利益を表します。
つまり、EPSが高いと一般的に企業の業績が良く、株式投資の指標として注目に値します。株価をEPSで割って株価収益率が求められるということは、その銘柄への投資が割安なのか割高なのかEPSで予想可能なことを意味します。
例えば株価が1000円で、EPSが100円の企業よりも120円の企業のほうが同じ株価で利益が高いので割安です。さらに、当期純利益を発行済株式で割ってEPSを算出するということはすなわち、純利益が上がるか発行済株式が減少するとEPSの数値が高くなるということになります。
しかしその際に数値が好転する要因に注意が必要で、純利益は特別損益を通算した後の収益ですから、その期のみの場合もあります。
株式を併合するなど発行済株式が減少する場合も相対的にEPSは上昇しますが、併合割合に比例して株価が上昇するかといえば過去の事例では必ずしも期待通りではありません。
これらは企業の経営実態により変化するため、証券の投資先や株式の売買を決定する前にはネットなどで各企業の現状把握が不可欠です。なお株価収益率は期待値でEPSは現状値とも言われており、EPSが上昇することで急速に期待値が上がり、それに伴って株価が上がることもあれば、その逆もあります。
現在保有の株価が期待を込めた数値であれば、EPSが後日上昇傾向を示すのか注意深く見守りたい証券投資にとって大切な指標です。