• ホーム
  • 株式投資に限らず、投資は余剰資金で行おう

株式投資に限らず、投資は余剰資金で行おう

預金金利がほぼゼロの現代の日本では、銀行に大金を預けても利息による収入はほんのわずか。
将来のことを考えれば資産運用によってお金を積極的に増やしていくことも検討していくべきでしょう。その際に初心者が注意したい点の1つが投資への資金配分です。株式投資などの資産運用の大きな魅力はそのリターンの大きさにあります。
株の銘柄によっては1年で株価が何倍にも上昇することもあります。大儲けの経験をしてしまうと、どんどん資金を増やしたくなるのが人間の性。しかし、投資ではリターンとリスクは背中合わせ。
投資が常に成功するとは限らず、多くの場合失敗も伴います。
例えば株式投資であれば銘柄の選択を間違って大損失を被ることも少なくありません。
いけいけどんどんで株価を上げる銘柄もある一方で、業績不振や不祥事などによって大きく値を下げる銘柄も存在します。
株価が上昇すると思って購入した銘柄が購入した途端に急落してしまうケースもあるでしょう。このように、高いリターンが見込まれるもののリスクも高い株式投資に、現有資産を目一杯投入してしまうとどうなるでしょう。
株式市場の混乱などでほぼ全銘柄の株価が急落したときには資産が半減し、さらには資産がほとんどなくなってしまうこともありえます。株式投資に限りませんが投資は余剰資金で行うのが基本です。余剰資金とは将来的に用途が定まっていない資金のことです。
例えば結婚資金や教育資金として貯めてきたなけなしのお金を株につぎ込むのは絶対やめましょう。
まだまだ先の老後のために貯めている資金を運用で増やすという場合であっても、ほとんど全ての資金を投入することは好ましくありません。さらに、投資では分散運用を心がけましょう。
たとえ余裕資金であったとしてもその資金を1つの投資先に集中することは避けるべきです。
例えば、リスクやリターンの程度が異なる投資への分散を検討してみましょう。
リスクの高い株式投資に外貨預金を組み合わせるのも1つの手です。
また、株式と金など値動きが逆相関の関係にある投資先へ資金を分散することも有効です。

借金して投資なんてもってのほか!

株などに投資をすることに興味を持ったからといって、借金してまで投資を行うという事はもってのほかです。
あくまでも手元にあって、しばらく動かす予定がない余裕資金で株式投資などを行っていくようにしましょう。
手元にあるお金をすべてつぎ込んでしまうという事も避けてください。
今は使っていなくても病気になるなどして必要になることもあります。
そういった時に利用できる貯蓄分は残しておいて、そのうえで余った分を投資に回すようにすべきです。これには理由が二つあります。
一つ目はもちろんリスクを減らすという事です。
もしなくなってしまっても生活に困ることがないため、失敗したとしてもダメージが少なくて済みます。もう一つの理由としては余剰資金での投資を行うということはすぐに結果を出さなくてよいという事でもあるので、長期的に上がりそうな銘柄に投資していくという形も選ぶことができるようになるからです。
現在株価が低めでも、今後伸びそうな銘柄があります。
一定期間で利用する予定がある資金を使っている場合、それまでに現金化しなくてはなりません。借金をして投資している場合には返済に回すお金を作らなければならないでしょう。
長期で運用すれば値上がりする株であっても、別に利用する資金や借金の返済に使うために売却せざるを得なくなってしまえば利益が出ません。
ベストなタイミングを見計らって最高の利益を出すためには余剰資金での投資という事も心がけておくべきなのです。特に最近は短期での運用というものが難しくなっています。
初心者の場合であれば特に情報量が少なくリスクを抱えがちです。
長期的に運用できる資金で取り組んでいくことで、リスクを減らすことが可能になるでしょう。