• ホーム
  • 現物株なら投資資金以上の損はしない

現物株なら投資資金以上の損はしない

打ち合わせしている男性たち

株式投資の基本的な取引方法は、現物株の取引を現物投資で行う事です。
比較的リスクが低く、多くの投資家にとって安定して継続的に利益を得ていく基盤になります。
こうした投資方法とは別に、信用取引という方法もあります。
現物取引と信用取引は同じ株式投資ですが、リスクの程度は段違いです。
投資資金を上回る損をしたくないのであれば、現物取引で行う事がリスクを低く維持できます。現物取引も信用取引も、取引する銘柄は同じです。
証券会社によって利用できる条件や手数料は異なりますが、基本的にある程度の投資経験がないと利用できない形です。
両者の最大の違いは、運用できる資金の多さにあります。
現物取引であれば取引口座内の資金の範囲内で現物株を購入していく事になりますから、もし購入した株の銘柄が倒産してしまっても購入した分の資金が無くなる程度で済みます。一方、信用取引は運用資金の3倍まで株を購入する事が可能です。
チャンスを上手く利用すれば3倍の利益が得られる事になりますが、株価が暴落してしまえば損益も3倍になります。
利益も損益も大きいならチャンスを狙えば良いと思われるかもしれませんが、追証と呼ばれる処置がある事も覚えておくべきです。
もし、株価が暴落して多大な損益を被った時に運用資産が足りない場合、証券会社が強制的に決済してしまい損益が確定します。信用取引で予想が当たれば利益が大きく出ますが、投資の世界は突然株価が暴落する事件が周期的に発生します。
例えば金融危機や紛争、政治的なスキャンダル等が発生すると市場は大荒れです。
場合によっては国内の一企業が原因になって突然株価が暴落する事もある為、事前に予想する事は困難です。株式投資を行う投資家は数多く、信用取引の魅力に取りつかれてリスクを軽視するようになる方は少なからず居います。
その多くの方が大きな利益を生じながらも、突発的な事態や思わぬ暴落で大きな損益を出して証券取引の世界から去っていくのが現実です。

信用取引や先物、FX等では投資以上の損失リスク有り

現物株のみで取引していると投資額以上に損をしない理由は、株価がマイナスになることがないためです。
投資している銘柄が上場廃止になった場合や会社そのものが倒産した場合でも、0円が株価の下限です。しかし、信用取引やFXの場合には現物取引と異なり、建玉を作ったときと決済時との差額で損益が確定します。
評価益が生じているときに決済すれば、利益が出る仕組みです。
逆に評価損が生じているときに決済すると、評価損の分だけ預け入れている証拠金が減ります。株価の値動きがあまり激しくない場合には、株価が下がって生じた評価損が一定額に達すると証券会社が強制決済するため、損失額は限定されます。
しかし、株価の値動きが激しい局面においては、評価損が一定額に達しても決済できない場合があります。
売り注文が出されても約定しないことがあるためです。
急激に株価が下がっているときには、売り注文を出す投資家が多く、買い注文はあまり出されません。
売る人と買う人がいて初めて取引が成立するため、約定しないという事態が起こるのです。約定しない場合には約定するまで証券会社が成行で注文を出し続けます。
結果的に売り注文が約定したときの評価損が証拠金の金額を上回った場合に追証が発生するのです。
追証は証券会社から後日請求され、預け入れていた資金以上の損失が出てしまいます。また決済時の評価損が証拠金の金額の範囲内に収まっていても、手数料を加えた金額が証拠金を上回って追証が発生するケースもあります。
FXの場合には、株式の信用取引よりも高いレバレッジで取引可能であるため、追証発生のリスクはさらに高いです。
初心者が株式投資を行う際には、現物株で取引をした方が安全です。